とある俳優おたくT。

1人の俳優をひたすら推しているTが自由気ままに投稿します。推しさんが世界一大好き。

感情に名前を付けた話〜お題箱返信してます〜

こんにばんは、Tです。

さて、まずはお題箱返信です!!!

(お題箱の一時期消えてたやつが復活したの放置してました、すみません)

 

推しさんのおヒゲお写真、かわいかったですね(あれで5日目ってめっちゃ薄いですね!!!)

 

ありがとうございます!!!

あれほんとかわいいんですよ〜!!!

おヒゲはかなり薄いので青くなったりとかしないのですが、ちょっとヒゲ生えてくるとすぐに写真撮ってブログやらなんやらに投稿してくるのすごく推せます(既に推している)

 

うーん、やっぱり好きだなぁ!

ちょっと前にこの好きって感情が恋愛か敬愛かよく分からないって記事をあげたんですが、よく考えてみたんですよね。

もしかしてそれも全てひっくるめて恋なのでは???

その人が好きって事はやっぱり恋してる???

こういう気持ちをガチ恋と呼んでもいいんですかね。

\いいよー!(セルフ)/

敬愛と恋愛が混じった感情、それが自分の中に間違いなく存在してる感情なんです。

敬愛だけしかなければそれは憧れの人でしかなく、恋愛しかなければそれはきっといつかは儚く崩れてしまう。

2つ合わさった感情だから、複雑に絡み合った糸だから、きっとこの感情をずっと長く保っていられて、更に好きでいられると思うんです。

 

そう考えるとなんか自分の中でストンと落ちてきたような気がします。

元々恋愛下手なんだよ〜!!!!!

でも一挙一動にときめくし、演じたキャラとかじゃなく俳優としての推しさんを超えて本人のことが好きだしお話できると嬉しいし、推しさんのことをもっともっと好きになりたいし知りたいんです。

共通点も多いから話してて楽しいし、好きな人(夫婦)には似てくると言いますけど実際に似てきたらしいので。

やっぱりこれって恋でいいんじゃないですかね???そうですよね?????

ガチ恋の方々が仰る「ガチ恋だと認めてしまえば楽になる」の言葉がよく分かったなぁって思います。

どっちともつかないこの感情に名前を付けてあげることでその感情を認めてあげられてるような気がして。

敬愛を含んだ恋愛感情なんていくらでもあるはずですしね。

 

恋をしてるんだと自覚したからには同担には負けません。

心はいつでもTO気分、Tさんです!!!!!

ファンは勝ち負けじゃないけれど、恋愛は勝ち負けだと思ってます。

だってファンなら大勢の1人ですけど、恋愛は唯一の1人じゃないですか。

だから、負けません。

誰よりも推しさんの事を思って行動できる自信はありますから。

同担全員が敵な訳ではない*1のですが、全員がライバルだと思って。

努力あるのみ。

 

そんな訳で、感情に名前を付けた話でした。

*1:現場で話が弾んで実際に仲良くさせてもらってる同担さんもいる

舞台俳優応援スタンス、再来。

こんにばんは、Tです。

今回はいきなり本題行きますよ、わーい!

 

さて、今回書きたいなーって思ったのはこちら。

どーーーーーん!!!!!

 

《舞台俳優応援スタンス2018》

 

……これね、ブログ始める時に書いたはいいけど、あれっ?スタンスちょっと変わってるよね?ってなったので書き直してみます。

 

以前のはこちら。

http://ty111608.hatenablog.com/entry/2017/05/17/142131

 

 

□■基本情報

大阪府在住
・観劇日は基本的には千穐楽*1

でもその他の都合で平日にすることもあります。(日替わり特典とか友達との都合)
・推し歴は4月でようやく2年の若輩者です。

□■推しについて
30代です。

きっかけはよくありがちな2.5舞台から。
2.5作品への出演はそこそこって感じなんですが、最近はストレート寄りになってきました。あと時代物とか?

最近演技の幅が広がってるなと思うのですが、本人的には伸びしろがあるようでこれからの伸び具合が楽しみだなぁっていう役者さん。

2年近く応援してきて思うのは推しさんの人間性が好きで、推しさんの紡ぐ言葉にいつもドキドキしてる毎日だなぁと。

接触現場では対大勢ではなく対個人としてファン1人1人にしっかりと向き合ってくれるリアコ製造機って感じの方です。

□■舞台を観にいく基準

推しさんがいることですかね。

余裕があれば気になってる方の舞台も見に行きたいのですが、遠征民である以上なんせ交通費が、ね。

常にお金と時間との戦いです。


□■グッズを買う基準

まずパンフはマストですね。

あとは個人ブロ。

この2つはやっぱり観劇記念の意味も含めてコレクションしておきたい。

あと劇中歌があるような公演だとCDもほいっと買っちゃう。

推しさんの歌が聴ける貴重なものですからね。

トレーディング系は最近はあまり必死にならない。

グッズも確かに大事なんだろうけど、やっぱり第一はチケット代なので取れてない舞台にそのお金を回すことも多々あり……。

□■雑誌を買う基準

キャスサとかで推しさんが出てるなら基本買います。

むしろキャスサ以外にそこまで雑誌に出ない。


□■舞台以外のイベントに行く基準

ものによりけりですかね。

基本的にどんな現場でも行けるようにはしたいんですが、月2回以上別現場があるとなるとさすがに取捨選択せざるを得ない時がある。

あ、でも個人イベントは絶対行きます。

□■映像系を買う基準

お財布との相談で 現地or後日通販。

買わないっていう選択肢はあまりないです。

舞台は生もの、とはよく言いますが、生の舞台を観た上で後日思い返して楽しむ為にはやっぱり一番楽しめる手段だと思うんです。

記憶は朧気になっていくものですからね。

でも自分が観たその日の想い出は自分にしか分からないから一番は生で観ることですけどね!!!!!


□■プレゼント/手紙
プレゼントは気が向いた時に…ですね。

でも誕生日とかクリスマスとかそういう記念事は必ず贈りたい。

去年のクリスマス近くの現場、とある事件のおかげでプレボが撤去*2されて事務所に贈ったんですけど、やっぱり現場に持っていけるのが一番だよなぁ……。

 

手紙についてはものすごく大事にしてくれる推しさんなので、基本的にものすごく心を込めまくってます。

元々文字を書くのは苦じゃないから、ついつい長くなりすぎることもよくあるけど、そういう時は最初に長くなったよ、ごめんね!って付け足してるので、時間が許す時に読んでほしいな、推しさん!

 

手紙については以前書いたこちらの記事の通り。

手紙と接触~お題箱返信してます~ - とある俳優おたくT。

 

推しさんは公演期間中に手紙を読まない方なのでそういう想定で書いてはいます。

手元に届くのがいつになるか全く分からないのでいつ読んでも分かりやすいように心がけてますかね!

この通り、推しさんが読むのは確実に千穐楽まで全て終了した後であって、なおかつわたしが手紙を送るのは大体1作品に1~3通なので感想はかなり長めに書いてます。


□■普段の行動

基本twitterですね。

あとは色んなゲームにログインしてたりとか。

でもうっかりログボ貰い忘れて0:02とかに思い出して凹んだりする。

最近ハマってるのはシノアリスです、キャラがかわいいのと世界観が独特でなんか好き。

□■同担について
わたしはまあ同担拒否です。
ファンサ舞台に出演してるのですが、目の前に嫌いな同担がいると殺意が湧きますよね。

キンブレで殴ってうちわの柄を刺したくなる気持ちを抑えて観劇します。

嫌いな同担の為に犯罪者にはなれないし、推しさんに迷惑かけたくないし!!!

同担さんで仲良くさせていただいてる方にそういや推しさんを単推ししてる方っていないような…?

なんかこう、上記ファンサ舞台が小さな村を形成してるのでその村の中で数人を追いかけてるとかそういう人ばっかりなので、個人イベの現場で見かける人が2割くらいは他担だったりもします…。

他担さんの推しさんのお話は聞いてて楽しいです。

接触で何があっただとかこんなチェキ撮っただとか聞くとこっちまで気持ちがふわふわして嬉しくなります。

だからはてブロでご縁があって仲良くさせていただいている他担さんの推しさん話を聞くのも大好きで、皆さんのお話を聞いては素敵だな〜!ってにまにましてます。

□■ファッションについて

もう痛い格好はできないよな〜って歳になってきてるので大人キレイめを目指してます。

某ファンサ舞台ではカラギャンしたくなるけどカラーを入れる要素をよく考えなきゃいけない。

でも必要なのは舞台上からでも見えるザ原色カラー。うーーーん、悩ましい。

うさぎさん♡みたい格好した奴(推定20代後半〜30代半ばくらいの明らかにやばそうな人)を推しさんの個人イベ現場で見かけたのであいつはやべぇ……てなってます。

□■総合的な応援スタンス

基本的に全作品を見に行こうとすると1作品あたりの数を減らさないといけない遠征民です。

一丁前に同担にマウントは取りたがるし、推しさんのオンリーワンのファンでいたいです。

同担拒否だし現場にいて辛いこともたくさんあるけど 推しさんが癒してくださるので気にせずマイペース(という名のハイペース)に応援したい所存。

とりあえず推しさんのファンの中ではそこそこ全作品全イベントにいる奴だと思うので、同担に覚えられてる可能性も無きにしも非ずですが、基本的にわたしと推しさんの1対1の関係であるはずの推し活に余計な不安要素など必要ないのでこれからも平和に生きたいです!!!

 

*1:最近千穐楽取れなさすぎて辛いです

*2:プレボ撤去が解消されても手紙開けられるとか金属探知機とか闇が深いよ。

自分の感情を見つめてみた

こんにばんは、Tです。

絶賛推しさんの現場直前、まあテンションも上がるわブログ書く意欲も湧くわってとこです。

 

最近よく推しさんへの気持ちや関係について考えます。

前にも似たようなエントリーを書いてるんですよね、こちら。

推しさんにとってのわたしはどういう存在でありたいのか。 - とある俳優おたくT。

 

「オンリーワン」

「俺のファンの中のこういう子」

そういう存在でありたいと書きました。

まあ言ったらあれですね、特別でありたいと。

 

そしてこのはてブロでもよく見るテーマ、ガチ恋についても考えます。

じゃあ自分の気持ちはガチ恋という枠に当てはまるのか?と改めて考えてみました。

 

・カテコでくれる目配せ

・接触でかけてくれる言葉

・私信

ざっくりと挙げてみましたけどこういう物って舞台俳優のファンをしている以上得てして嬉しいものだと思うんですよね。

特別って嬉しいものだからどうしたって特別をくれる好きな人が更に好きになる。

じゃあ更にそれを超える特別だと恋人か、夫婦か。

 

もちろん推しさんのことは大好きだし付き合えるのなら間違いなく幸せ。

きっと一緒にいれたら楽しそう。

好きなものも似たり寄ったりなので話を聞いててもすごく楽しい。

板の上で生きる推しさんの一挙一動で心が満たされる*1し、接触の対応とか同担と比較しては一喜一憂しちゃうし、カノバレ未遂*2とか起こされると自分なら彼に迷惑はかけないしもっと幸せにしてあげられるって考えて辛すぎて病むし、推しさんとお話してて共通点を見つけるとすっごくテンション上がって2人とも喋り続けるし。

何より推しさんが与えてくれる全てがわたしを幸せにしてくれる。

 

かといって付き合いたいとかって感情があるかと大真面目に問われると「いやいや、そんな、わたしなんかがおこがましい……!」って気持ちになる。

俳優としてはまあ当たり前に好きだし、その前に人として推しさんの人間性が好き。

でも恋愛感情に当たる好きを持ってるのかって考えると自分自身の感情でありながらまあとにかく難しい。

恋ってなんだろう。

 

自分の感情を整理してみると思うこと。

間違いなくただのファンより個人として見られたい。

じゃあ推しさんに対して持ってる好きって気持ちはなんだろう。

敬愛?それとも恋愛?

ただ推しさんという人に尽くしたいだけなのか、それとも1対1で関係を持ちたいのか。

うーーーん……………。

どれだけ考えてもグルグルするだけで、一向に答えは出ないんですよねぇ。

 

Q. あなたはガチ恋ですか?

A. 分からない。

 

こうなっちゃう。

 

助けて、狂気のガチ恋先輩!!!*3

 

そんな、1人の舞台俳優ファンのちょっとした悩みでした。

なんにも解決してないからつまんないね!!!!!

*1:これは多分俳優さんを推してる以上ほとんどの方が感じる幸せだと思う

*2:本人は否定してましたけど

*3:皆さんご存知でしょうか、狂気のガチ恋芸を極める夜さんというこの舞台俳優グループのブロガーさんを。

【追記】2017年やらかした大賞~最優秀賞~【でお題箱返信しました】

こんにばんは、Tです。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

はっぴーにゅーいやー。

今年も推し事に全力を尽くす1年にしたい所存です。

 

さて、年始からいきなりアホやんって話題に突入します。

それでは参りましょう。

2017年やらかした大賞、最優秀賞の発表です。

 

«バスタ新宿で茫然自失»

 

2017年12月某日、その事件は起きました。

その日は観劇納め。

Tさんもとてもワクワクしながらいざ東京へと向かいました。

 

とにかく楽しい作品でした。

観劇納めに相応しい大爆笑に包まれる劇場。

めちゃくちゃ笑いました。

推しさんも楽しそうで幸せ。

次の現場のチケット代があまりにも高くて給料日前だったわたしはグッズは後日通販があるからそこで買おうと決めて現場でしか売ってない物だけを買って楽しみました。

観劇後には友達とご飯を食べに行って、これまた楽しかった。

 

さて、友達とも別れて夜行バスの発車時刻も数十分後に迫ったのでバスタ新宿へと到着。

メイクも落として飲み物も買ってバスに乗る準備は万端。

 

ここでTさん気づきました。

「そういえば、帰りのバスのメールが届いてないな」と。

なんとTさん、12月の観劇用支払いラッシュで分からなくなったのか、帰りのバスだけ支払い忘れてた!

 

そうこうしてるうちにバスの当日ネット予約ができなくなる時間。

もしかして帰れないのでは。

でも次の日は仕事、それも休めないシフト。

 

人って焦ると動けなくなるんですね。

とりあえずカウンターに走りました。

でも「もうこの時間はここで受付できないからそれぞれのバスに聞いてみて」と言われる始末。

とりあえず声をかけるしかないから、1つ1つのバスに聞いてみる。

「年末年始だから満席だね、ごめんね」

そりゃそうだわ!!!!!!!

こっちこそごめんなさい!!!!!!!!!!

 

バスも少なくなってきて、残り数本で全てのバスがなくなるというところ、とうとう大阪行きのバスがなくなりました。

隣の乗り場には名古屋行きのバス。

せめて名古屋まで帰れたら、あとは朝に新幹線を取れば仕事に間に合う時間に帰れる。

その一心で名古屋行きのバスに声をかけました。

これが今日最後のバス。

「まだ揃ってないから分からないけど、もし空席があれば乗せてあげられるよ。」

 

おじさん優しい~~~!!!!!

とりあえず半泣きになりながら待たせてもらう。

半泣きのスッピンおたくとか怖いよね、おじさんごめんね。

 

とうとう発車時刻、空席は1つだけ。

「よし、行っちゃおう。」

なんとか乗せてもらえるようで名古屋まで帰れます。

とにかく頭を下げながらその場で支払いをして乗り込みました。

名古屋まで帰れる安心感、それだけで目の前の人がフルリクライニングしてきたって許せます。

本当にとんでもない観劇納めになったわけです。

 

翌朝、名古屋についたわたしは猛ダッシュで新幹線乗り場に走って無事に大阪に帰れましたとさ。

まあその後家でゆっくりしすぎて仕事は遅刻したんですけどね!

 

以上2017年やらかした大賞、最優秀賞でした。

皆さん、夜行バスの支払い忘れにはくれぐれもご注意くださいね!!!

2018年は平穏な観劇ができますように!!!!!

 

【追記】

お題箱ありがとうございます!

推しさんの日替わりチェキは当たりましたか?

当たりませんでした!!!!!

でも観れただけで幸せなので諦めました!!!!!

推し事納めたので2017年を振り返る。

こんにばんは、Tです。

先日ようやく推し事を納めました。

納めた日の帰りの夜行バスで事件を引き起こしてきたのでまた記事にしたいと思います。

 

さて、それでは今年の振り返りです!

いつも以上に推しバレに配慮をしていませんが、推しさんのエゴサに引っかからなければそれでいいです。

 

«2017.1»

*アキバ*

どうしても遠征の都合上この前にあった推しさんのお仕事初めを泣く泣く蹴らなきゃいけなくて、わたしの推し事初めでした。

BDのリリイベですね。

この時はこの作品に1年間縛られ続けることになるとは思ってはいなかった…。

作品Aと呼びましょう。この後もたくさん出てくるワードです。テストに出ます。(出ません。)

 

*博品館劇場*

朗読劇でした。

ちょくちょく階段で転けそうになる推しさんをヒヤヒヤしながら見ていた思い出。

この作品、あまりにも感動で泣きすぎて後日原作を買いました。

未だに読むたびに泣く作品。

なんでこんなにも素晴らしい作品が円盤化されないのか。

なるほど、そんな素晴らしい作品に出演していた推しさんの姿を心に焼き付けておけということですね?

おっけー、まかせろ!

 

«2017.3»

2月何もなかったんですよね、つら!

なぜなら推しさんは台湾にお仕事に行ってしまったからですね、作品Aのお仕事です。

いくらガッツだからとはいえ、近い国だとはいえ、海外なんて行けません。

てことで3月いってみよう。

 

*博品館劇場*

またかよ!って感じですけど今度も作品Aです。

盛大に推しさんの演技との解釈違いを起こしました。

ライブパフォーマンスはすっごく好きなのに!!!その子はさすがにそこまでテンション高いキャラじゃないの!!!

あとマナー違反のファンは構わないで!!!!!

この時が一番つらかった。

 

«2017.4»

*竹芝*

はい、また作品AのBDリリイベですね。

海沿いでものすごく寒かった。

東京の海、ナメてた。

 

«2017.5»

*森ノ宮ピロティホール*

こちらは作品Bと呼ぼうかな、シリーズ物です。

強烈に推しさんがゲスかったお話。

森ノ宮駅で見かけた自販機のビアー〇パパのシュークリームドリンクがあってめっちゃ美味しくて、作品Bを見に来る時必ず飲んでました。

地元で観劇できるってこんなにも通いやすいのかと。(仕事のことは置いといて。)

 

*晴海埠頭*

あれですね、キャスサのお祭り。

入場待機中にやたらと雨が降ってて寒かった記憶があります。

会場内でめっちゃデッカチャンさんとすれ違うの面白かった。

俳優さんも自由に過ごしててすごく自由なイベントで楽しかったけど推しさんは多分事務所的に会場内を歩けなかったのかなーとか。

 

«2017.6»

*森ノ宮ピロティホール*

こちらも作品Bです。

推しさんのゲスさが最高潮に達して衣装を踏んづけて去っていったんだけど怒られなかったのかな。

この役ではなんというかフリーダムにやってて推しさんめっちゃイキイキしてるし、初日で既に役として完成はしてるけれど日を追う事にド派手に場を壊していくのが面白い。

 

«2017.7»

*森ノ宮ピロティホール*

まあ言うたらこれはあれです、6月から7月にかけての作品Bというだけです。

なので割愛。

 

*ニッショーホール*

推しさんが2.5デビューした作品のリリイベです。

テーマ曲のようなものがあるんですが、これをみんなで歌うのがとにかく楽しかった。

来年の推し事初めもこの作品関連のイベントです。

 

*俳優座劇場*

あまりにも重たい作品。

推しさんは女装でした。

重たくて心がしんどくて、マチソワ1日見るだけでどっと疲れて夜行バスは爆睡です。

推しさんの女性らしい所作が綺麗すぎて女として恥ずかしくなったのはご愛嬌。

 

«2017.8»

*品川*

仲いい俳優さんとの合同イベント。

チケットと一緒に結婚式の招待状のような案内状が同封されてて、とにかく笑った。

 

*豊中市立文化芸術センター*

作品Bです。

シリーズ物の大千穐楽、大阪でも割とメジャーではないこの地でいいのか。

わたしは近いからいいけど。

そんな気持ちでいっぱいでした。

劇場は広くてとっても綺麗だから最高。

 

«2017.9»

*ニッショーホール*

はい、作品Aリリイベです。

まさかの最前列で推しさんの目の前。

足をいつも以上に綺麗に閉じるように意識しないとだからとにかく足がぷるぷるした。

推しさんの前で無様な姿を見せたくないじゃないですか!!!

 

*シブゲキ*

推しさんの主演作品。

ここから推しさん休んでくれない期間に突入します。

小さい劇場なのにお花が出せるからスタフラ贈りました。

作品テーマに合わせてわりと渋めの感じに仕上げてもらったらなかなか目立つ場所に置かれてて笑ったし周りはバルーンが多かった。

コメントしてくれてありがとう、推しさん。

 

«2017.10»

*ブルーシアター*

作品Aです。

9月の舞台で推しさん痩せすぎててなんか、なんか…って感じでしたが演技は最高でした。

 

*上野*

主演映画のエキストラ撮影でした。

映画祭用の作品ですが、公開されたらタイトルとか隠してこの時のレポを上げたいと思ってます。

忘れた頃になんとやらコースです。

推しさんから貰ったカイロ、まだ家にあるんですよ捨てられない!!!

 

«2017.12»

*サンケイホールブリーゼ*

作品Aです。

この作品の物販はクソです。

物販開始15分で3つの商品が売り切れた大阪千穐楽、初の土日を待たずして全公演分完売した商品が出てくる東京公演(大阪7公演+東京23公演)。

でも推しさんの演技に解釈違いを起こさなくなりました。

わたしが思い描いてたキャラがそこにいた。

 

*星陵会館*

カレンダーイベントです。

めっちゃ楽しかったけどまさかの推しさんが炎上した件に触れ始めてヒヤッとしました。

全3部ある内の2部3部、カレンダーは開きもせず話題にも上がりませんでした。

これなんのイベントだっけ?質問大会イベント?おっけー!!!

 

*シアターサンモール*

推し事納めでした。

作品Bで得たキレ芸を発揮する推しさん。

キレた直後にデレてくるのはかわいいです。

とある食べ物がテーマの舞台、あまりにもお腹がすきすぎて、客席内のいろんな方向からお腹の鳴る音が聞こえてくる舞台でした。

その気持ちめっちゃわかるよー!!!お腹空くもん!!!!!

 

と、いうことで。

2017年、無事に推し事納めました。

2018年は1/14から推し事初めです。

2017年はいろんな役の推しさんが観られて幸せな1年でした。

が、作品A、お前はもういいよ。

 

ちなみに推しさんは12月の作品Aを終えたらようやく少し休んでくれてました。

9月から長かったな……………………………………。

休みが落ち着かないのは分かるけどこっちが心配にならない程度に程々に休んでください!!!

 

それでは、年内最後の記事でした。

皆様、よいお年を!!!

手紙と接触~お題箱返信してます~

こんにばんは、Tです。

今年の推し事納めは27日なのでまだまだ納められません。

(遠征して大阪に帰って3日間働いたらまた遠征です、夜行バスさんまたまたお世話になりまーす!)

 

さて、まずはこちら、お題箱の返信から!

気づくのおっそ!!!10日以上も経ってました、やっば。

お題箱に投げてもらえたの初めてです!

うれしいな!わーい!!!

(引用させていただいてますがダメなら仰ってくださいませ、ぼかしますので!)

 

ブログ拝見していてTさんの推しが分かったというより、同じ事務所の方を(年下の先輩の方
推しているのでなんとなくよろしくお願いします?したくなりました…同じ事務所とはいえこれまで共演がないはず?なのでいつかTさんの推しの方を拝見してみたいなと思っています(推しの方が多分合っていれば)

年下の先輩さんということはMさんを推していらっしゃる方ですかね…!?

わーい!お世話になってます!!!(推しさんが)

共演したことはないはずなのでわたしも是非先輩方を拝見したいなと思っております!

推しさんに関わってる俳優さんを推してる方々とは是非ともよろしくお願いしたい所存です。

 

お題箱、推しさん宛ゲームでもお題でもなんでも待ってます!!!

Tさんのお題箱

 

 

今回は手紙についてと接触で何話そうかなーっていう独り言を書いていきます。

 

 □■手紙について

 

[レターセット編]

 

まずレターセットは今のところ特に揃えてるわけではないですね。

ただわたしなりのアイデンティティーというか、今までの手紙では封するシールには共通点*1を持たせてます。

でもこだわってるのは封筒と便箋はセットでなく別の物を使うこと。

なんというかほら、プレとか推しさんへ贈るものって人と被りたくないじゃないですか……それと一緒です、うん。

あと最初に選んだレターセットは1年くらい使い続けたけど便箋がダサかったので別に買ってたのが癖になったという説もあるそうです。

 

[宛名編]

 

・舞台出演とリリイベとかで出すやつ

「舞台□□ ●月●日マチネ or ソワレ

(舞台□□DVDリリースイベント)

△△役

〇〇様」

 

・個人イベントとかで出すやつ

「●月●日 □□イベント

〇〇様」

 

基本プレボに投函してくる手紙に関しては日付とか舞台名、イベント名を書いてます。

万が一にも推しさんが読み返すとなったら分かりやすい方がいいじゃーん!となった結果です。

 

[本文編]

 

本文一行目は「〇〇(フルネーム)様」

二行目は「こんにちは、T(本名フルネーム)と申します!」

ここまで定型文ですね。

 

ここでフルネームで名乗ってるのはあれです、手紙を初めて書いた時に最初に名乗らないと失礼だろうって考えが働いて迂闊に書いた結果その名残で残ってます。

 

その後はまず手紙を書くにあたってのメインの話題を最初に書きますね。

*舞台初観劇→どこが楽しみだったかとか、稽古中のブログの稽古に関する話題に言及とか(舞台とか稽古スケジュールによってはやたら心配してくる取引相手みたいになる手紙)

*二公演目以降→観劇しての感想(その時の感情そのままに伝えたいので主に観劇日の夜に下書きします)

*リリイベなど舞台系イベント→こちらも感想、当時の気持ちなど

*個人イベントなど→直近のブログなどの言及、舞台など関係なく特に伝えたいこと(ここがよく重くなりがち)

*誕生日とか送りたい時とか→応援の気持ちや好きなところ、感謝など(こういう時が断トツにめちゃくちゃ重たい愛をぶつける手紙ナンバーワン)

 

推しさんは公演期間中に手紙を読まない方なのでそういう想定で書いてはいます。

手元に届くのがいつになるか全く分からないのでいつ読んでも分かりやすいように心がけてますかね!

 

ちなみにプレボに投函する場合でも身元を証明するための意味合いで封筒に住所は書いてます。

誰から来たのか分からない手紙を開くのは普通に考えると怖いなと思うわけですよ……

 

今まで手紙何通出してきたんだろう、数えておけばよかったかもしれない。

数えたところで特に何にもなりはしないんだけど、それでも大切な贈り物を贈ってきた思い出の1つとして自己満足でも数えておけばよかったなあ、とか。

 

□■接触で何を話そうか

 

少なからず隣の市出身だったくらいには同郷の方なので話題はそれなりにあります。(例えめっちゃローカルトークだとしても。)

ただそればっかりを話すことで地元アピールばっかりのめんどくさいやつにはなりたくない!あの人が興味ある話がしたい!!!

あとループ続けて3回目には何を話せばいいか分からなくなるのもやめたいですね、もっと楽しい話ができるはず………がんばれわたし。

あ、でもあれだな、今後の推しさんのやりたいこととか聞きたいな。

どういう路線へ進んでいくのかとっても気になります。

最近推しさんが一人じゃ何も出来ないから、とかいっつもみんなに助けてもらってばかりとか言うことが増えたので、違うんだって伝えたいな。

推しさんが引っ張ってくれるから背中を見て着いていって素敵なものを見せてもらってるんだって、板の上に立って頑張ってるのは推しさんなんだからこちらこそありがとうだよって。

 

推しさんが進みたい道があるならそこへ向かうために背中を押せたらいいなあ。

 

*1:まあ事務所チェックがあるのでそれを推しさん本人が楽しめているかはわかりません、自己満足。

推しさんのここが好き~直近の舞台と今後の話~

こんにばんは、Tです。

 

推しさんの出演している現場の大阪公演が終了しました。

まだ東京公演もある作品なのでネタバレなしの方向でいきます。

 

まず推しさんの殺陣が最高にかっこいい。

推しさんの一挙一動全てにおいてかっこいいんですよ~~~!

推しさんの殺陣の型、基本空いている片手を袖を抑えるのに使うことが多いんですけど今回袖が大きくない衣装なので胸元に手が当てられてるんですよね。

それがもうかっこいいのなんの!!!

あと脚を引きずるっていう原作の設定があるんですけど、これがまあ心に突き刺さる。

推しさんの演技力が怖い。

それでも戦い方を知ってる役だからハンデがあっても戦えるのめっちゃかっこいい。えーーー、ほんと無理みが強い。

 

それからいつものことなんですがよく目が合う。

客席に向かって剣を構える時にめっちゃ目が合ったし、手を引く振りでは目を見て引いてくれたし、指も指してくれるし、めっちゃ優しく微笑んでくれるし。

推しさんは役者としての自分のファンを見つけると目を細めて微笑みながら頷いて何回も目を合わせにくることに最近気付きました。

今までは演じてる役の団扇を持ってる子みんなにやってるのかと思ってたけど、どうも違うみたい。

幸せだなあ。ファンでよかったなあ。えへへーーー!!!!!

 

きっとこの作品のファンとか他の役者さんのファンの方には推しさんは天真爛漫で無邪気でハイテンションでいっつもうるさいくらいに笑ってるイメージだと思うんですけど、ファンとしては優しくてほんわかしててマイペースでファンの話をとっても真剣に向き合って聞いてくれる人*1なんですよね。

 

あとは憑依型の役者さんだと思ってます。

ゲスい役だった時、推しさん小道具クラッシャーになってたので……*2

優しい役が多かった分ゲスい役があまりにも衝撃的で、もっと狂気的な役とかもきっと合うんだろうなあと思ってます。

表情も恐ろしいくらい変わる人だからきっとそういう点では映像にも向いてるのかな。

でもやっぱり舞台で観てみたいな。

 

もう既に東京に戻ってるようなんですけど、東京公演がまあロングランなんですよね、あの演技を続けて足怪我しないといいなあ…。

まあ推しさん体幹がしっかりしてる人だから大丈夫だろうとは思うんだけど。それでも心配にはなりますね。

あの演技は登場して全員が息を呑む感じです。

わたしの推しさんを知ってて現場被りしてる方、ぜひわたしの推しさんも見てみてください、とんでもない演技してるので!!!

 

いつでも優しくて構ってくださってファン想いな推しさんのファンでいられるのほんっっとーに幸せです!

ただファンに構うのに時間使いすぎてたまに立ち位置に急いで戻ってる*3のは笑っちゃうのでほどほどに、ですよ!!!

 

有難いことにコンスタントにお仕事があるのですが、推しさんの中ではどうやら来年1年が自分の方向性を考える大切な1年になるようなので、どういう方向へ進んでいくのか共に歩んで見届けたいな。

現状に甘んじることなく未来を見据えてどこまでも自分の可能性を広げていくスタンスでいる推しさんが大好きです。

ストレート、ミュージカル、映像、どんな道だとしてもそれが推しさんにとって最良の選択であるのならば、わたしはそれを応援するのみです。

ただやっぱりほどよく休んではほしいけど、ワーカーホリックで2日間の休みがあるだけでそわそしちゃう推しさんには難しいことなのか。

あとはやっぱり2.5からは脱してほしいのはあるけれど…。今の現場の中でも推しさんはわりとストレート寄りの役者さんだと思ってるし、前のストレート舞台の主演した時とか最高だったし。

あ、でもやっぱり映像となると直接現場で観られなくなるのは寂しいかも。

 

推しさんが来年の抱負を語ってたのでつい話がそっちまで脱線していきましたとさ。

*1:話を聞きすぎて出身の市区町村が隣の市だって分かると推しさんのテンションが上がって地元トークになるのはほんと楽しい

*2:公演中に小道具のタブレット機械やパイプ椅子を壊しまくったそうです。パイプ椅子を蹴り飛ばすのも観たし、タブレットは毎回地面に叩きつけてたしなんなら衣装を思いっきり踏みつけた時もあったなあ……。

*3:スキップどころかよく走ってる